Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック

先週の中頃にパソコンが壊れた。
やっと数日前に購入し、無事復旧した。

騙し騙し使っていたので覚悟はできていた。
が、あくまでも「覚悟」であって、
その「準備」はできていなかった。

今日のタイトルは「ロック」
正体があるようで無いもの。
けれど人に愛され続けるもの。



前のパソコンは動画再生すらままならなかったのだが、
新しいパソコンになった途端、
反動の様に浮かれて動画を見まくった。

その中で懐かしく、また消えてしまった音楽のひとつ。
正体不明バンド「タイマーズ」だ。
花郎は学生時代、好きだった。
が、誰かにCDを貸したまま紛失した。
知らない方はこちらを。

wikiにある「ヒットスタジオR&N」の模様だが動画があった。



2曲目がタイトルとは違う曲へ変えられている。
生放送だったため、TV局も対応できなかったようだ。

「デイ・ドリーム・ビリーバー」の「彼女」は、
文字通りの彼女ではなく「母親」のことだったらしい。
今になって知ったのだが、忌野清s…じゃない、ゼリー(vo)は、
養子だったそうで実の母親は小さい頃に亡くなっている。
それ故に少し憂いのある曲だったのかもしれない。

しかしこのパフォーマンスは、
その昔、The Sex Pistolsが、EMIに契約を中途破棄され、
抗議として出した「拝啓EMI殿」を思い出した。
どちらも花郎から見ると「ロック」だと思う。

うちの相方曰く「平沢進はロックだ」と言う。
ではロックとは何か?
音楽ジャンルとしてのロックではなく、
やはり生き様や魂、格好良さ、粋…。
こう訳したい。


----------*----------*----------*----------*----------

コンビニ強盗、拳銃発砲事件
不景気のどん底、アメリカみたいだ
そうさこれが国際化の時代

母子殺人事件、現金輸送車強奪
水の安全もカネが物を言う
そうさこれが国際化の時代

いじめで自殺、警察官不祥事、
明日殺されてもまあ仕方がないな
そうさこれが国際化の時代

その内あんたも殺されちまうさ
でも人口問題は解決しないまま
そうさこれが国際化の時代

国際化、国際化、世界の中の日本
国際化、国際化、人類皆兄弟

胸を撃たれた、弾が入ってる
俺のピストルをお前にぶち込みたい
今夜二人国際化の時代

エイズが流行ってるからコンドームをしよう
恥ずかしくないよ、正しいセックスだもん
これでセックスも国際化の時代

国際化、国際化、世界の中の日本
国際化、国際化、人類皆兄弟
国際化の時代

拳銃持たなきゃ、エイズが心配だなぁ
アメリカみたいだ、
これでやっと嬉しい国際化
そうさこれが国際化の時代

国際化の時代

=タイマーズ「国際化の時代」=

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。