Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラージュ

コラージュ(仏: 英: collage)とは現代絵画の技法の1つで、
フランス語の「糊付け」を意味する言葉である。(wikiより)


パソコンソフトの発達により、
誰でも手軽に行えるようになった。
時としてこれは見る人達に笑いを提供し、
また捏造、嘘、まやかしを植え込む毒ともなる。


今回は残念ながら「笑い」ではなく「毒」の方の話、
正確には「フォトコラージュ」について。

尚、今回は本物の遺体画像がある。
真実として見て欲しいから公開するが、
苦手な方はよくよく注意して欲しい。

注意書きとして書いた通り、今回は本物の遺体画像がある。
気分が悪くなりそうな方は気をつけて欲しい。
2度の注意を促したので、この先では一切クッションは設けない。

つい先日、大きなニュースが世界中を駆け巡った。

ビンラディン容疑者を殺害

9.11テロ首謀組織アルカイダのTOPとされている、
ウサマ・ビンラディンが米国軍により殺害された、と。
一部ではこの一部始終をツイッターで呟いた人もいるという。
さてこの報道は日本のニュースでも報道された。

Tv.jpg

画面中央の遺体がビンラディンである。
この事件によりオバマ大統領の支持率は上がり、
9.11テロ被害者遺族は大いに喜んだそうだ。
そのお陰か、ドル買戻しの動きもあるようだ。


さて、この先の行為はその喜びに水を差すことだろう。
だが公正であるべき国家が国民を騙す様な事があってはならないので、
非常に不謹慎とは思うが、気になる部分があるので検証した。

何が気になるかと云えば、この写真そのものが、だ。
まずTVで使われた画像(無修正)はこれである。

001

そして更に生前のビンラディンの写真。

002

そして今の画像を反転して、この2つを並べてみる。

003

たぶんこれを見た十人が十人、こう思うだろう。
「この遺体ばビンラディン本人である」

しかし、同時に花郎としてはこうも思った。
「あまりに2つの画像が酷似しすぎている」

そこで画像にサイズ調整、色調変更などを加えて比較する。
尚、画像を「切ったり貼ったり」はしていない。
あくまでもサイズ(比率)と色のみである。
生前画像を「A」、死後画像を「B」とし、
変な加工をしていない証明をしつつ説明していく。


まず2つの画像のサイズを同じに変える。
・Bを100%→90%へ縮小する

004

識別しやすいように色調を変える。
・Aを赤、Bを青に変える

005

重ねて比較するために透過させる
・Bを100%→60%透過させる

006

Aの上にBを重ねる
・AとBの耳、歯、鼻を目安で重ね合わせる

007

上下画像で比べてみると判ると思うが、
・向かって左髭の白髪部分
・右下の髭のライン
辺りが面白い位に一致しているのにも関わらず、
・両眉の位置
・目の位置
と、不思議なほど顔の上部が合わない。

しかしどうもまだ少しBが大きい様なので1%縮小し、
判り易い様にgifアニメーションにしてみた。
(カラーはそのままで、Bを透過100%に戻し点滅させた)
※サムネではグリーンだがクリックすれば見れる

比較用GIF

鼻辺りから上下で全く違っているのが判ると思う。
さて、ここまで読んだ方はどう思っただろうか?

「それは本人なんだから一致するのは当たり前」
「亡くなった時に人相が変わるなんてよくある話だ」

ではもう1枚の画像を見て欲しい。
正直、花郎はこの画像が一番キツかった…。

008

これを同じ向きにして3枚で並べる。
既に多くの方がやっていた。

009

もう重ねて検証するまでもないのでやらない。
ビンラディンの画像検証時は気分が悪くならなかったが、
本物の遺体画像は何かくるものがあるのか気分が悪くなってしまった。
誰がどう見ても、この写真を足しているのは明白である。
あまりにも「お粗末」な子供騙しではないか。

既に米国は殺害した遺体画像を公開している。
ここで気になったのが、
では米軍は誰を殺したのだろうか?
武器も持たず抵抗した数人を射殺したのを英断とは、
全くもって恐れ入る。

まぁ尤も遺体写真ですら偽なのだから、
生け捕りなどやる訳にはいかないだろうが。

アラビア海で水葬(ロイター)

そしてこの水葬された遺体は誰なのだろうか?
99.9%、ビンラディンだと断定したこの遺体。
二度とDNA鑑定も何もできなくなったわけだ。
何もかも計算ずく…仕事がいい加減な事を除いて。



国を挙げての大嘘、まこと恥知らずな行為である。
広場で喜んだ国民に対して速やかに謝罪するべきではないだろうか。
しかし他人事ではない。
日本であっても、いつ起きてもおかしくはないのだ。
故にいつでも「鵜呑み」にせず、
違う目でも見て、考えなくてはならない。

最後にこの記事を書くにあたり、不謹慎と知りつつ、
画像を公開してしまった彼には心から謝罪とご冥福を祈る。

更にもし気分が悪くなってしまわれた方、
お詫びに少しでも楽しくなれそうな動画を貼っておくので、
見て心を落ち着けて欲しい(勿論、花郎も見ることにする…)



鳥語を使って鳥と会話する猫


赤ちゃんの声をラーニングしたオウム


やはり動物は癒される。

*Comment

 

書かなかったが花郎が心配なのは、今回アメリカは写真を偽造してまで、
一体「何を」目的としているのか?だ。
考えられる事は幾つかある。

・オバマ支持率
・国民の不満へのガス抜き
・ドル買い戻しへの働きかけ
・戦争

一番起きて欲しくないのは戦争だが、確率が高いのもこれだと思っている。
現在のアメリカ経済は崩壊直前であり、
過去、同じ様な状況に陥ると決まって戦争を起こした。

既に方々で「報復」の文字が踊っている。

聖地をつくらせない為の水葬とアメリカも言っている様に、
これに対してアルカイダは当然、反感を抱くだろう。
戦争は儲かる。
メカニズムについては各自で調べてみて欲しい。


とにもかくにもこの予想が実現化しないことを祈る。
  • posted by 花郎 
  • URL 
  • 2011.05/06 10:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。