Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMS

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

気付けば正月休みは何かと動いている間に終わり、
仕事も始まりいつも通りの生活に戻っていた。

気付いたらまた年末…などとならない様に、
後悔しない様、2011年を過ごしていきたい。

正月早々に見知らぬおばさんに面白い事を言われたのだが、
これはまた別の機会に書く。


と云いつつもしょっぱなから怪しい話。





実は相方が金曜日にいらない土産を持ってきた。

風邪である。

翌日の土曜日には咳、高熱にまで発展。
成人式があったので土、日、月曜日が休みだったが、
結局、医者には頼らずMMSだけで治すことに。

金曜日の夜から咳が出始め、
土曜日、かなり早くから高熱が出ていた。
思い出してはMMSを摂取し続ける。
日曜日もあまり様子は変わらず、
食欲も殆どない状態が続く。
が、月曜日の朝には熱もすっかり下がり、
咳が出るだけであとは正常になったようだ。

看病をしていた花郎に、当然の如く飛び火。
日曜日の夜から喉の調子が悪くなった。
月曜日の朝には高熱へと発展。
食欲皆無、悪寒で体中が痛い状態。
何時間か置きにMMS(3~5滴)を飲むが、
夜には39度まで上がり、流石に解熱剤を飲んだ。
今朝(火曜日)は熱は下がったようで職場へ行った。
(が、帰宅命令で帰って来て今に至る)

会社で「医者に行ってから帰れ」と言われたが、
医者で貰える薬は病気を治さないと知っていると、
どうしても行く気にはなれず真っ直ぐ帰宅。
まさか昨晩39度あったとは会社の人も思っていないだろう。

正直、こんなに早く症状が落ち着くとは思わなかった。
疑っていたつもりは無いが、やはり凄い。


少し上に書いた内容を細かく書く。
医者で貰える薬が何故、病気を治さないのか?
殆どの人が知っているだろうが、風邪は原因不明である。
だが身体の自浄作用で体内に入り込んだ菌を、
熱によって滅菌するのは知られている。

あまりに高熱が続くとたんぱく質が硬化して危険といわれ、
病院などでは解熱剤が処方される。
よく聞く話だと42度が限界だが、実際は間違いらしい。
つまり熱によって菌を殺す以上、
熱を下げてしまえば菌は死なないことになる。
ついでに言うと人体にあるたんぱく質は42度では硬化しないそうだ。

これで判ると思うが医者で云う「治療する」というのは、
病気を「完治する」ではなく「楽にする」である。


さて花郎がどこから「MMS」なる物を知ったのか?
これは判る人には判るだろうから書かない。
書いて迷惑が掛かるのも問題なので。

MMS Japan

MMSと言うサプリメント

どういったものかは上記のサイトで理解できると思う。
不思議なくらいに一時、否定サイトが増えており面白かった。

「プールの塩素を飲むなんて信じられない」
「つまり漂白剤だよな?」

ひとつ花郎から言わせてもらうのであれば、
そのどちらも人体が口にする可能性が高い場所だ。
トイレ掃除の洗剤と同じ…というならまだ判るが。
つまり否定根拠となり得ない。

余談だが、ネットでとある病院の院長先生に、
このMMSについてどう思うか訊ねてみた。
「(摂取に)問題無いが刺激が強すぎるのでは無いか」
との返答を貰った。

まぁ実際、摂取量によっては吐き気、嘔吐、下痢になる。
(現在、花郎も吐き気に襲われている)


では何故、MMSを花郎が信じるに値すると思ったのか?
勿論自身が飲んだから…というのは当然だが、
違う方面からわざわざ立証してくれたからだ。

FDA」である。

ここが「安全だ」と証明したからか?
その逆である。

当初はMMSについてFDAは注意を呼びかける程度だったが、
最近になってついに自主回収にまで乗り出した。
しかも回収及び危険性の理由だが、
先ほど花郎が書いた現在の状態…そう吐き気などである。
たったこれだけで輸出、販売の停止である。
どれだけMMSの存在が某にとって都合が悪いのかが伺える。

どうしてFDAが信用できないか?

この機関は医薬品、食品の安全性を検査するところで、
FDAの認可なくして販売はできない。
例えば花郎が新しく食品Aを作ったとする。
花郎はこの食品Aの検査をFDAに依頼しなくてはいけない。
この時、検査費用は全て自費(花郎)が出す。
これが医薬品だと費用はもっと高くなるわけだ。
つまり大手企業くらいしか登録できないことになる。
だからと云って大手企業全てを否定するつもりは無いが。


その昔、某アイドル事務所が別事務所から出てきた新人に対し、
TV局やプロデューサーに根回ししてTVに出れなくしたことを思い出した。
(何処とも誰とも詳しくは書かないが)


ここ最近、とみに思うことなのだが「安全性」とは何だろう?

CMでやっているから安全?
有名人が使っているから安全?
政府が奨励しているから安全?

一番信頼するべきは「本能」なのではないか?と思い始めた。
ただこの「本能」も長年、創られいる場合もあるのだが…。


そろそろ本格的に吐き気が酷くなったので今日はここまで。

新年の挨拶がとんでもなくブラックで申し訳ないが、
許される範囲ならば本年も宜しくお願い申し上げる。

*Comment

追記 

ふと今日になり自分自身、
「何故ま行?」と思ってしまった。
が、よくよく考えたら正式名からか。

ミラクル・ミネラル・ソリューション

昨日の自分の発想すら判らないほど、
昨日の自分自身の状態は酷かった。
大変読みづらい文章ではあるが、
反省の意味も込めて一切直さない。

現在の状況
・体温:平熱
・喉:多少咳き込む
・体調:悪く無いが動かなかったことで体力低下

市販の薬を飲んだ時よりも治りが早かった。
が、これを人に説明するのは難しそうだ…。
  • posted by 花郎 
  • URL 
  • 2011.01/12 18:26分 
  • [Edit]

 

各方面でこの件の物が物議を醸しているらしい。

問題のサイトも一応読んできた。
が、まぁ「ご苦労様でした」と言っておく。

意図的に名前を掲載し、
更にそのブログをリンク、無断引用。
一言も推奨していない物を推奨したと言い、
それらを書いた理由を己の正義とする。

「自己責任」は責任逃れか?
つまり「考えるな」と言うわけだ。
それこそ大きなお世話である。


自分で考え、選び、調べる。
それを自分で考え、選び、使用する。
全ては自己責任ではないか?
  • posted by 花郎 
  • URL 
  • 2011.02/03 00:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。