Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻薬と覚醒剤

この「独り言」のカテゴリーはタイトルに縛られず、
花郎がぼそっと「独り言」を言うためだけに設けた。

前回の「聖馬蹄形~」の様に、
自分の頭の整理用であり、排出用であり。
というか、物凄く「気になっている」ことを、
自分なりに整理したいから作ったと言ってもいい。

そして気になっているのがタイトルが絡む、
現在世間を騒がせている2つの事件。
押尾学の件と、酒井法子の件。


この話を書くにあたって、少々配慮を欠いた内容になるかもしれない。
例えば人の死に対してなどだ。
個人的に人の死は苦手だし、嫌いだし、辛い。
自分自身の弟が小さい頃に死んでいるのもあるし、
その際に見た両親の姿は一生忘れないと思う。

けれど「書こう」と思い至ったことがあるのだ。
この2つの事件に対しては。
と云うか花郎のただの「独り言」だけども。

今回は一切の敬称は省く。
書くとややこしくなるので。


花郎が今一番、気にしているのは、
実は「酒井法子と子供の安否」である。
現在(8月6日)の時点ではまだ見付かっていない。

何故、心配しているのかは後で述べるとして、
とりあえず2つの事件の概要について。


俳優の押尾学容疑者逮捕へ
幻覚作用のある合成麻薬MDMAを使用していたとして、
警視庁麻布署は麻薬取締法違反の疑いで、
俳優でミュージシャンの押尾学容疑者(31)の逮捕状を請求した。
容疑が固まり次第、逮捕する方針。

麻布署によると、2日夜、東京都港区六本木のマンションで110番通報があり、
署員が駆けつけると裸の女性がベッドで死亡していた。
この部屋に出入りする関係者から事情聴取を進め、
押尾容疑者に薬物の尿検査を実施したところ、陽性反応が出たという。


そしてこの後、色々明らかになったニュースがこれ。


女性異変で押尾容疑者-通報まで4時間超
俳優でミュージシャンの押尾学容疑者(31)が合成麻薬MDMAを使用したとして
麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、
同容疑者が警視庁麻布署の調べに「女性に異変が生じ、怖くなって部屋を出た」と
供述していることが6日、捜査関係者への取材で分かった。
通報まで死後4時間以上が経過していたとみられ、同署が詳しい経緯を調べている。

捜査関係者によると、女性が死亡した東京都港区の六本木ヒルズの
マンション一室と家宅捜索を受けた同マンションの別の部屋は、
渋谷区の女性用下着通販会社の女性社長(44)側との契約だった。
いずれも押尾容疑者が自由に出入りしており、
同署は社長からも任意で事情を聴いた。

女性の死亡推定時刻は2日午後3~5時ごろ。
119番は同日午後9時20分ごろにあり、死後4時間以上が経過していた。
同容疑者は「怖くなって部屋を出た」と供述。
女性が2錠目の錠剤を飲んだら様子がおかしくなり、
蘇生(そせい)させようと試みた後、所属事務所のマネジャーを呼び、
自分は別の部屋に移動したと主張しているという。 


さらに別の事件、酒井法子の方。


酒井法子が行方不明
自称プロサーファーの高相祐一容疑者が覚せい剤取締法違反の疑いで
現行犯逮捕された件で、高相容疑者の妻で歌手で女優の酒井法子が
4日午後6時の時点で行方不明になっていることが明らかになった。
同刻、所属事務所のサンミュージック・相澤正久社長が緊急会見を開き、
親族が赤坂署に捜索願を提出したと報告。
現在、酒井の携帯電話は留守番電話サービスになっており、
まったく連絡がつかない状態だという。相澤社長は
「ぜひ、これを法子が見ていたら、僕らになんでもいいから話してください」と呼びかけた。


こちらも若干の動きがあった。


身延山で携帯の電波途絶える
捜索願を受理した警視庁によると、酒井は夫の高相祐一容疑者(41)が
覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで3日未明に渋谷区内の路上で逮捕された際、
高相容疑者に呼び出されて現場に車で現れていた。

このとき酒井は、警察の話を聞いたとたん泣き崩れた、という目撃情報もある。
高相容疑者への職務質問は約2時間に及んだが、
酒井は「子供を預けているので」と立ち去っていた。

以後、酒井は長男(10)とともに行方が分からなくなっている。

その後、携帯の電源を切ったままの状態だったが、4日夜に1度電源が入り、
微弱な電波が確認された場所が身延山付近だった。
この後、再び電源が切られたか、圏外にいるため電波は確認されていない。

酒井の事務所関係者は移動手段について、
「免許を持っているが、自家用車は自宅に置いたままなので、
タクシーで移動しているのではないか」と推測。
山梨については、「酒井が一時期、父親と暮らした経験があると聞く。
また、父親が自動車事故で亡くなり、葬式が営まれた地でもある」と話している。


二つの事件に関連があるのは一見「薬物」だけである。
そして単純にこれを比較すると…

押尾:薬物使用中に相手の女性が死亡
酒井:旦那が薬物所持現行犯逮捕

どちらがより大きな事件かと云えば、
誰がどう見ても押尾である。
方や死人が出、方やただの所持である。
中には「押尾の芋蔓で酒井の事件が発覚した」と云う人もいるが、
どうしても花郎には解せないのだ。
この両方の事件に関して色々と。
ならば納得できるまで出来るだけ調べてみることにした。
それがこれを書こうと思った理由と切欠である。
結果、その枝葉は想像もつかないとこまで伸びたのだが…。


まずは(一部で)通称「お塩先生」こと押尾学について。
簡単にこの事件に関わったであろう人物は以下。

・押尾学
・亡くなった女性
・マネージャー

記事を簡単に見るとこんなものだろう。
もう少し幅を広げてみる。

・女性社長
・エイベックス(元所属事務所)

申し訳ないことに花郎は押尾学なる人物を知らなかった。
「矢田亜希子の旦那」と聞いてやっと判った。
とりあえずそれぞれの人(場所)となりを調べる。

■押尾学■
・エイベックス所属
・矢田亜希子の旦那(半別居状態)
・発言内容に多々問題あり
・クスリは「知人に貰った」

■女性■
・名前公表せず
・岐阜県に実家がある
・2日午後に死亡

■マネージャー■
・押尾学に呼ばれた
・通報した人

■女性社長■
・野口美佳(矢野里美)
・事件のあったマンションの持ち主
・下着メーカー「ピーチ・ジョン」社長
・AV会社桃太郎の社長の元嫁

■エイベックス■
・創価学会系企業
・MAX松浦こと松浦真在人が代表取締役

■マンション■
・六本木ヒルズレジデンス


判り易い部分と重要と思う部分だけを書いた。
ちなみにマンション所有者の名前は記事には無い。
が、1965年生まれ(=44歳)だからまず間違いないだろう。
何せ交友関係は恐ろしく広いし当然、押尾とも友人関係だ。


さて次に酒井の方も書いておく。
あまり登場する人物が多くないので。

■高相祐一■
・酒井法子の旦那
・某スポーツショップの経営者
・渋谷区の路上で職務質問を受け逮捕

■酒井法子■
・サンミュージック所属
・高相とは木梨憲武の紹介で会う
・現在10歳の息子と失踪中
・10年以上前から真如苑を信仰

■サンミュージック■
・松田聖子、森田健作など出した大手
・事務所は四谷四丁目交差点
・今年8月に事務所を移転
・社名は第一号タレントの森田健作から


さて…ここでもう一度対比させてみようか。

麻薬と覚醒剤
エイベックスとサンミュージック
創価学会と真如苑

繋がりが一層胡散臭さを増した。
答えは出ないのだが、色々とカギになる部分を書く。


まず芋蔓という説があったが、ある意味「有り得ない」
種類も違う薬物なうえに入手ルートも違うだろうし、
誰が誰を警察にリークしたのだろう?
この意味だけで考えるならば別々の事件である。
何故か「同じタイミングで起こった」としても。

それからエイベックスについて。
代表のMAX松浦は創価学会員である。
それも池田大作に名前を変えろと言われて変えたほどの。
更にエイベックスは多数の創価学会タレントも抱えている。
というか、そこから選んでいる…のかもしれない。
安室奈美恵、浜崎あゆみ、倖田來未、大塚愛…。
創価学会は云わずと知れた公明党。

亡くなった女性。
一部掲示板ではトヨタ系の令嬢と噂だった。
亡くなったにも関わらず名前が公表されないのを考えると、
「公表できない」ような家系の女性なのだろう。
それならば薬物がらみの事件でありながら、
既に火葬してしまったのも頷ける。

通報したマネージャー。
何故、死亡から4時間も経て「警察」に連絡なのか?
一番判り易い行動ならば、逃げるor救急車だろう。
4時間もの間、何を相談していたのだろうか?

「事件性はない」
どこの記事でだったか書いてあった。
変死してるのに事件性が無いわけがない。
日本では病死・事故死以外は「変死」なのである。
どこから見ても事件性アリではないか。


次に酒井法子の事件の謎。

渋谷区道玄坂で職務質問。
同じく2日の深夜の路上での逮捕。
その際に酒井法子を呼び出したようだが逃走。
逃走したのならばもっと警察は動くのでは?
何故、回りくどく「捜索願い」で動いているのか?
そもそも逃げ切られるものなのか?

子供を連れての逃走。
しかも自宅に自家用車を置いて。
上記の話通りならば、一度自宅に戻って車を置き、
更に何かしらの移動手段で失踪したことになる。
「逃げれば追う」って云うのが警察ならば、
即自宅に警官を向かわせるはずでは?

たった一日で捜索願い。
出したのは義母である。
最後に話した高相の母親らしい。
おまけに事務所の社長まで出張ってきている。
何度も「最悪の事態」って言葉を連呼して。

酒井法子の父親について。
山口組系暴力団の組長だった。
酒井が幼少時、事故で既に他界している。
暴力団=麻薬のイメージ増徴の誘導にみえる。

新興宗教「真如苑」
この記事を纏めてる最中に出てきたキーワード。
正直、嫌な予感が一気に増した。
真言宗の新興宗教なのだが、政治に無関係とは言えない。
創価学会とは仲が悪いとも云われている。

知人に預けられていた息子の保護。
更に出てきた新たな情報。
3日に都内の知人へと預けられ、そして6日の夜に保護。
つまり2日夜に子供を連れ、3日に預けた、と。
そして保護されたのは6日…。
知人は酒井失踪が世間で騒がれていたと、
知らなかったはずが無い。
何故、今まで子供を預かっている事を言わなかったのか?
また逆に今になって見付かったのか?

正直、色々と不可解な事が多すぎる。
ただ…あまり今後の展開に明るい兆しが見えない。
単純に酒井法子も薬物使用してて逃げてました、
これが真相であるのなら一番いい結果だと思えるほどに。

どうか無事に出てきて欲しい、そう思う。



随分と長くなったのだが、
まだ飽きずに読んでる人はいるのだろうか?
いないと思いつつもいると仮定してもう少し話を続ける。

実は少々気になった事があって別のことも調べた。
「サンミュージック」つまり事務所関連で。

今から20年程前に、一人のアイドルが投身自殺をした。
"ポスト聖子"といわれた岡田有希子である。
1967年8月22日生まれ。
1986年4月8日没…まだ18歳である。
youtubeなどに当時の報道動画があるが、ここでは貼らない。
今の報道で慣れている人にはかなり刺激が強いからだ。
報道は路上に彼女の遺体が置かれたまま行われた。

簡単に自殺に至ったといわれた経緯は下のリンクで。
自殺の経緯

ここで名前が出ている峰岸徹とは不倫関係で、
実際には妊娠までしていた…との話もある。
が、実際に付き合っていたのは神田正輝との話も。
なら神田正輝は何故、松田聖子と結婚したかと言えば、
松田聖子が石原裕次郎の愛人だったから…だと。
まぁ事実かどうかなど調べようもないが、石原プロなら有り得る話だ。
とりあえず話を続けよう。

岡田有希子が自殺してから、
当時マネージャーだった溝口伸郎は新しいアイドルのマネージャーとなった。
それが酒井法子である。
が、上記の岡田有希子の自殺経緯の最後にあった通り、
このマネージャーも亡くなっている。
それが2000年7月19日。
この間、溝口伸郎はずっと酒井法子のマネージャーだった。

だが良い話もあった。
酒井法子の結婚…そして出産である。
生まれたのは1999年7月18日。

そう、溝口伸郎が自殺したのは子供が産まれて丁度一年後。
これは本当に単なる偶然なのだろうか?
自分の担当するアイドルの子供の誕生日の翌日に?
何とも不自然なタイミングである。

そういえば調べてて判ったのだが、
「酒井法子」はどうやら本名らしい。
確か同じ名前のコンビニがある。
「LAWSON(LAW=法、SON=息子)」

そして今回の酒井法子の失踪…。
これが花郎が不安に感じた理由である。

失踪の理由が考えられるとするなら、
1、自分も薬物使用の為
2、真如苑を潰す為
3、儀式

1ならば本人の問題なので隠れているに過ぎないが、
2か3だと酒井法子自身の生存自体が危うい。
特に3だと絶望的である。
彼女の生年月日は1971年2月14日。
1+9=10、7+1=8、10+8=18
そして…8月10日は「18」になる。



と、大変長くなったがそんな想像をしてしまった、
天気の落ち着かない夏の夜であった。
どうか酒井法子が無事に見つかることを願っている。
そして亡くなった方々のご冥福を心からお祈り申し上げる。


妄想終わり。

*Comment

あっさり終結 

とまぁ心配したものの自首で終結。
ただの妄想で終わった。

が、だとすると…生贄か?


色々と騒がれると困る選挙前。
  • posted by 花郎 
  • URL 
  • 2009.08/09 03:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。