Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロノス

花郎は昔、ギリシャ神話が好きだった。

空に散る星々に神話があるとなれば、
子供ながらに知りたいと思うのもまた当然である。

ところが「神話」とついているにも関わらず、ただの人間ドラマ。
どこを読んでも「神」と崇めたくなる人物が居ない。


あまり興味が無い人もいるかもしれないが、
如何に酷いか暇潰しに少々書いてみよう。

韓国ゲーム会社が世に出したオンラインゲーム。
あまりの運営側の対応の悪さでも有名になった。
花郎はやった事がないので詳しくは知らないのだが。

「眠らない大陸クロノス

名前にある「クロノス」はギリシャ神話にも出てくる。
ラテン語で「Chronus」で、また「時間」を司る神でもある。
その所為か、時計や車などにも名前がついている。


クロノスは大地の女神ガイアから生まれた。
父親はこれまたガイアから生まれたウラノス。
知っていると思うがギリシャ神話に於いて、
親戚どころか親子、兄弟間での結婚はザラである。

ウラノスは天を司る神であり、
ガイアと婚姻関係となることで神々の王となった。
人は権力や地位を持つと、それを脅かす存在が恐怖になる。
ウラノスも例外では無く、自分の地位を脅かす存在を恐れていた。
それは自分の血を受け継ぐ子供。
いつ子供達に王座を奪われるか。
結局ウラノスは自分の子供達を大地の穴へと封じ、
自分の地位を守ることにした。

そのウラノスの行いにガイアは嘆き、深い恨みを抱く。
ガイアは自ら生んだ子供達に報復を願った。
が、父親を恐れている子供達は誰も名乗りをあげなかった。
唯一、クロノスを除いて。
クロノスは母ガイアから大鎌を受け取り、ウラノスを討つ。

と、思ったら大間違い。
クロノスはウラノスを殺してはいない。
が、世の男性にとっては最大の悲劇がウラノスを襲う。
クロノスはウラノスの男性の象徴を大鎌で切り落としたのだ。
その後、恥じ入ったウラノスは妻ガイアの元を去る。

「やがてお前も自分の息子に王位を退けられる」

この言葉をクロノスへ残して。
王ウラノスを退かせたクロノスは神々の王となった。
クロノスは見事なまでに暴君となり、
自分の兄弟(巨神=ティターン)と共に暴れた。
そして王座を守る為に妻レア(兄妹)との間に生まれた子を、
全て飲み込んでしまったのだ。
レアは悲しみ、復讐の為にクロノスの子供をこっそりと産んだ。
それが誰でも知っているだろう神「ゼウス」である。

ゼウスは女神に頼んで飲み込まれた兄弟を救い、
クロノスへと戦いを挑んだ。
ガイアの協力もあり、ゼウス達はクロノスに勝つ。
ゼウスは世界を天・海・地下と三つに分け兄弟で治めた。
天は自分が、海はポセイドンが、そして地下をハデスが。
大地は誰のものともせず、皆のものとした。


ここがギリシャ神話の最初であり始まりである。
この先は更にスキャンダラスで人間以上に人間臭く、
また現実以上に夢の無い神々の生活が描かれる。

クロノスの絵は嫌な場面が多い。
産まれた我が子を喰らっている姿や、
神々の世界だからなのか色々と露出も容赦無い。
そんな訳で絵は掲載しないので、
見てみたい人は「サトゥルヌス」で検索して欲しい。

ちなみにローマ神話だとクロノスは「サトゥルヌス」

ローマ神話での名前が全く違うのは、
ギリシャ神話をローマの神の名を当てて取り込んだ為。


この星座シリーズは面白そうだから、
また調べて書くかもしれないし、書かないかもしれない。


----------*----------*----------*----------*----------


遠い空を見つめていた 君と出会った日をたどって
時がたつのも忘れ いつのまにか星が降りしきる

オリオンは最初で最後の 運命の日をむかえる
草原で女神と出会い アルテミス 彼女の名前を知った

ああ君と話していた夜がなつかしい
僕がほんの少しだけ夜空に近かった

教えてくれた物語 とても不幸な結末だった
覚えた冬の星座は 春になってすべて変わるだろう

I'm crying and I know I've got found love
I'm crying and I know I've got found love
とても不思議だった君と見た冬の空は
僕たちをパノラマに包んでいた

I'm crying and I know I've got found love
I'm crying and I know I've got found love
どこにいてもさびしさを感じている 星空の下
Here,there,everwhere

君が天に描いていた 夜のプラネタリウム
僕の腕の中にも 神話が生まれていた

涙にくれた出来事さ 人はいつしか忘れるように
覚えた冬の星座は 春になればすべて変わるだろ

I'm crying and I know I've got found love
I'm crying and I know I've got found love
とても不思議だった君と見た冬の空は
僕たちをパノラマに包んでいた

I'm crying and I know I've got found love
I'm crying and I know I've got found love
どこにいても気持ちはそばにいるよ
アルテミスが放つ矢の行方を君は 今どこで見るのか
Here,there,everwhere


=TM NETWORK「Here,There & Everywhere(冬の神話)」=

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。