Category [解釈 ] 記事一覧

スポンサーサイト

救済の技法

実はこの歌詞の解釈については、数年前に相方と話し合っていた。双方の意見は概ね同じなのだが、少しだけ花郎は意見が違う箇所があり、それらを纏めてみたいと考えた。そんな訳で今回は「救済の技法」について。またあくまでもこれは花郎の個人的解釈である。...

金星

たぶん花郎の解釈は幻想的なイメージを壊す。抽象的な不可思議な世界感のままが良い人は、花郎の記事はあまり読まない方が…。でも今回はそこまで酷くないはず。たぶん。今回は好きな人も多い「金星」について。どうでもいいが、今日は「忍者の日」らしい。...

「SP-2」と「Louts」

「金星」から書くか?「Lotus」から書くか?それともその手前の説明が必要か。まずは「SP-2」と「Louts」についてを書こう。曲の細かい解釈についてはまた別の機会にし、あくまでも今回は概念的な解釈。今回の内容については、SP-2の方を「タイカマ」と呼び、嫌っている方にはご理解できない内容である。故に上記に当て嵌まる方は読まない方が良いと思う。仮に読んで気分を害されても何もできないので。またこれは花郎の考えるとこ...

時間の西方【後編】

さて「時間の西方」【後編】である。まだ【前編】を読んでない方はそちらを先に。下手に手短かに説明しようとすると、余計に伝わりそうもないのでもう諦めた。...

時間の西方【前編】

久し振りに解釈を書こうと思い、当初は「記憶から来た男」を書くつもりだった。が、どうにも注目しているもの以外に、手掛かりを発見してしまうらしい。そんな訳で今回はアルバム「白虎野」の1曲目、「時間の西方」の花郎なりの解釈である。長くなりそうなので下記【前編】【後編】へ分けた。・前編…最初から2番まで・後編…3番およびサビ、補足など...

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。